プロフィール

owain

Author:owain
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 原題「I, Mudd」
 再放送で鑑賞

あらすじ
 エンタープライズ号は、悪漢ハリー・マッドが支配するアンドロイドの惑星に拉致された。
 アンドロイドたちは、エンタープライズのクルーたちを惑星に拘束しながらも、最大限の歓待による人間への奉仕を目的としていた。しかしハリーも利用されていただけで、やがて拘束された。
 アンドロイドたちは人間たちは不完全であり、アンドロイドが宇宙を支配し、人間は閉じ込めて完璧な奉仕を与えることにすると宣言。

 しかしカーク船長たちは、アンドロイドの思考が人間の非合理的な思考や感情に対応しきれないという弱点に気付く。カークたちとマッドはアンドロイドを混乱させる言動をとりつづけ、リーダーには「クレタ人のパラドックス」をぶつけて頭脳をショートさせることにより勝利した。


----------------------------------------

・奉仕が至上命令と公言する大量のアンドロイドがいて、「奉仕」を連呼。キャラをアニメ風メイドキャラにすれば、萌え作品にそのまま使えるのでは。

・ついには、奉仕のために人間を拘束するという本末転倒な事をするのは、TRPG『パラノイア』の舞台設定状態。アニメにも皮肉を利かせたストーリーとしてそのまま使えそう。

・自分たちが最大限の奉仕をしているのに、エンタープライズと引き離された不満を持ちつづけるカークに、アンドロイドがその理由を尋ねる。
 それに対するカークの解答は「我々の愛する美しい女性だ!」
 船を女性になぞらえるのはよくある事ですが、カークが言うと、「この色魔は自分の船にまで」。

・クレタ人のパラドックスを理解できないで停止してしまうアンドロイドのリーダー。
 『攻殻機動隊SAC』では、AI小型戦車のタチコマが、人間型をしているがAI性能は劣るオペレーターアンドロイドにこの話題を振り思考のループ状態にして、からかうというシーンがありました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://owain.blog99.fc2.com/tb.php/97-888d4cb8


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。