プロフィール

owain

Author:owain
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水木先生「戦争はいけません。おなかがすきます」

水木しげる先生の戦記物でも、ご本人の実録に近い(ただし主人公は水木先生とは別名になっていたり、他所の出来事を話に混ぜたりしてます)『総員玉砕せよ』のドラマ化。

 水木先生は香川照之が演じていますが、戦傷で左腕がなくなっている事をきっちり描いてます。これまでの水木先生の左腕に関してはしばしば見当違いな配慮がされて、かえって幻滅させられることがしばしばありました。

 戦争末期の南方戦線で、食糧不足や環境や圧倒的な米軍などによる苦しい戦況と、日本軍の病気だった玉砕馬鹿の上層部の両方に苦しめられた、一兵卒の実体験と率直な感情が描かれた原作を、力を入れてドラマ化し、俳優の方々もよく演じていたと思います。
 ただやはり日本の単発テレビドラマなので、現地でのロケでありながら、やはり、南方の厳しい環境と薄汚れた兵士という雰囲気というか空気感が今一安っぽいのが残念です。

 それと製作スケジュールやコスト等の問題でしょうが、戦闘中の大規模な破壊や殺戮、残酷な場面などは、原作漫画の該当シーンを写すという手法をとっています。しかしながら、戦後『総員玉砕せよ』を執筆している水木先生の姿も織り交ぜたり、原作の絵の密度がある意味実写以上に密度感や実感が高いため、手抜きには見えない上手いやり方でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://owain.blog99.fc2.com/tb.php/80-8b6f7908


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。