プロフィール

owain

Author:owain
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DG1.jpg

 近くのレンタル店に何時の間にか『太陽の牙ダグラム(1980年)』が入荷していました。気が向いたので再観賞をして今更のレビューを書くことにしました。
 この『ダグラム』という作品、同ジャンルの先行作の『機動戦士ガンダム』や、後継作の『装甲騎兵ボトムズ』と比べると、欠点や作りの甘さも多い作品なのですが、美点も多いのです。


あらすじ
 舞台は二重太陽とXネブラという過酷な自然環境の、地球連邦の殖民星デロイア。コンバットアーマー・ダグラムを擁する主人公クリン・カシムたち「太陽の牙」グループはデロイア独立派ゲリラの一員。
 太陽の牙は、連邦軍ダンクーガー基地へと向かう補給物資を乗せた軍用列車の襲撃作戦を決行した。だがこれは、ダグラムと太陽の牙の撃滅を意図した連邦軍の囮であり、ソルティック舞台の襲撃を逆に受けた。しかし太陽の牙はダグラムの性能とチームワークでこれを退けた。

脚本:高橋良輔 演出:横山祐一郎 作画監督:泉口薫

DG2.jpg

-------------------------------------------------------------------

 内容は、かなり先の時期のある戦闘を題材に、ダグラムと太陽の牙の活躍と、敵側やその他の登場人物の顔見せをする、パイロット版的な内容です。
 ただ、この後のエピソードを見ると、矛盾しているのはご愛嬌。フェスタがいる時期にこのような戦闘があるはずが無いなど。

・本放送スタート時に印象的だったのが、第一話冒頭やイメージイラストなどで提示された、砂漠で朽ち果てたダグラムのビジュアル。『太陽の牙ダグラム』のイメージはこれによるところが大きいはずいです。この第一話では太陽の牙のメンバーのキャナリーが、ダグラムが朽ち果てたダグラムをみながら、過去のダグラムと仲間たちの活躍を回想するという形でスタートします。

・クリンたち太陽の牙メンバーの服装は、袖なしシャツ、半ズボン。しかしデロイアは二重太陽で日差しが強いので、本当なら帽子や、風通しのいい日除けマントをしていないと、熱射病や熱中症になり、下手をすれば死ぬのでは?前年の『機動戦士ガンダム』のアムロが砂漠を放浪していたときは、正しい日除けの服装をしていたのに。

・クリンを追ってきた一応ヒロインのデイジー。内面はまだしも、外見は今見てもかなり「?」ですが、当時の評判も散々でした。良家のお嬢様のはずなのに、頬のこけた顔など、ダイエット過剰のような外見は、渋い方向性のこの作品でもあんまりです。一方、おじさんキャラは渋く、味があったり、格好よかったりするキャラが大量に出てくるのが『ダグラム』です。

・列車を待ち受ける太陽の牙側がレーダーを用意しながら「Xネブラで半径20km以上は無理」といっていたり、連邦軍側ソルティック部隊が「おとりの列車を20km以上の距離を開けて追い、中継ゾンデで救難信号がきたら接近」と作戦内容を説明していたりと、前年の『機動戦士ガンダム』のミノフスキー粒子による電波妨害効果関連の設定を引き継いでいます。

・今回のダグラムの動きは、この後のエピソードで頻発する非常識な高度のジャンプがなかったり、最初の列車襲撃後は自力で崖の上のトレーラーの戻るのではなくワイヤーで引き上げられたりと、重量感重視。『太陽の牙ダグラム』の主な欠点の一つが、コンバットアーマーのアクション描写の統一性の無さです。

・主兵装のリニアガンなしでソルティック三機に囲まれたとき、頭部の小型ランチャーからミサイルのような物を発射して牽制してましたが、設定上ここはスモークディスチャージャー(煙幕発射機)だったはず。

・かなり近い距離での打ち合いで、ソリティックの手持ち式リニアガンはダグラムの装甲を打ち抜けないのに、ダグラムの直接固定型リニアガンはソルティックを易々打ち抜く。また、ソルティックに羽交い絞めされたときも、隙を見てパワーでソルティックの腕を引きちぎる。クリン自身も「装甲の違いを思い知らせてやるぞ」と発言。この後のエピソードもそうですが、ダグラムは外見的にはずっとガンダムより現実兵器よりになりながらも、強さやキャラクター表現的には、ガンダムのような主人公スーパーロボット的です。

・一方ソルティックは、チコのビッグEガン(大型歩兵用火器)で腰後部を打ち抜かれて行動不能になるなど、ザクよりさらに現実の兵器よりになっています。

・ダグラムはまだしも、輸送トレーラーもデューイ戦闘ヘリの主兵装ミサイルの直撃があったのに無事。主人公補正様様。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://owain.blog99.fc2.com/tb.php/78-a55ce64e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。