プロフィール

owain

Author:owain
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#3「飛翔」
 訓練やその他軍隊生活について、細かく描写しておく方新のようです。

 とても高速飛行に耐えられるとは思えないコスチュームの仕組みや、ディスプレイ部については詳細に解説されました。しかし、スカイダイバーの具体的な操縦方法や飛行方法についての説明が、同じだけないのは片手落ちでは。
 現実の飛行機とも、一般的なフィクションのロボットやパワードスーツとも大きく形が違うので、既存の経験でなんとなく納得という事ができず。訓練やテクノロジーについて細かく描写する方針なら、そのあたりはしっかり描写して欲しいです。

 訓練、特に一条の自己トレーニングを見ていると、多くのロボット物にあるような、マシーンの性能やパイロットの素質であっさり基礎操縦以上の事ができてしまうということはせず、マシーンを動かす現実的な苦労を描いていて交換をもてます。
 しかしそうした描写との落差で、後半の危機がフィクションで特別悪くはないがありがちな展開と結末(*)が、幾分チープに見えました。


(*)
・なぜか観測やサポートする随伴機がいない。あの程度の飛行ならヘリコプタでも問題ないのでは。必要なら戦闘機。
・なぜかトラブル発生時の安全装置や脱出装置が無きに等しい。この場合、外部からの信号で強制的に接続を切断できるようにするとか、脱出用のパラシュートを装備するとかで済んだのでは?
・過剰に冷酷なトップと、それに反対する現場指揮官
・結局主人公の独断先行で事態は解決される

 あと一条がピンチになるところで「失速する」と言ってましたが、とても揚力が出ているとは思えないあの姿勢で、失速も何もないと思うのですが。

余談
 ジェットコースターを使った訓練で数字を読みあげる一条を見て.......橘さん(ギャレン)を思い出しました。まさか一条も橘さんみたいなヘタレ先輩に。


 

#4「休日の街角」
 他のエピソードも含めた音羽の様子を見ていると、戦前の日本で、地方の村から徴兵されて都会に来て、「軍隊では白米を三度食べられる」「都会は凄い」「家族への仕送り」とかしている田舎出身の兵隊を連想します。

 話自体はありがちですが、真面目一辺倒でも無い一条の言動は上手くできています。あと冬后の気遣い。

 ただ、訓練と日常ばかりで、そろそろ展開がだれ気味です。前回と今回あたりで軽く、指揮官が裏の目的について話ているシーンを入れるだけでも適度なアクセントになるはずですが、そういうのは無し。

余談
 ところでニコニコ動画を後で見ると、やたらと「クイック」というコメントが出てくるのですが、なぜです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://owain.blog99.fc2.com/tb.php/70-d628aed6

-

管理人の承認後に表示されます

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。