FC2ブログ

プロフィール

owain

Author:owain
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bard[1].jpg


評価:8/10

あらすじ:
 メラニー(ティッピー・ヘドレン)は、弁護士ブレナー(ロッド・テイラー)の家のある海沿いの町に出かけた。
 だが、町についたメラニーを一羽のかもめが襲ったことを皮切りに、あらゆる鳥たちが町じゅうを襲い出した。

 テレビでやっていたので、また鑑賞しました。

 「サイコ」に続いて定石崩しをしたヒッチコックの意欲作でもあります。しかも「サイコ」と同様に、それを見事に成功させています。 個人的には「サイコ」より「鳥」の方が気にいっています。
 「サイコ」は、導入部でいかにも主題のように提示されたヒロインの横領事件が、半ばでヒロインが殺されることで幕を下ろされてしまい、ベイツ母子の謎に主題が移行し、作中人物と観客の両方を煙にまいた変則的な展開。
 「鳥」の場合は、鳥が暴れだすという事件の原因が全くの不明なこと。さらには明確なクライマックスた達成、破局といった物はなく、主人公たちはただ逃げ出すことで終わるという展開。これが、作中人物と観客の両方に、不条理な恐怖や危機を強烈に印象付けています。

 言い尽くされている事でもありますが、電話ボックスという透明な密室に閉じ困られた外で展開される街の惨状、家への立てこもり、印象的なラストシーンなど、見所満載です。

 大量の鳥の襲撃という内容のため、合成なども多用され、ヒッチコックにはめずらしい「特撮映画」でもあります。
 他の映画でも、たとえば「めまい」の終盤の階段をミニチュア特撮で撮っていたりと、部分的には使っていますが、全体で目立つのはヒッチコック作品では珍しいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://owain.blog99.fc2.com/tb.php/51-673c4227


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。