プロフィール

owain

Author:owain
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070605211834.jpg



 時々見ていたのですが、見るたびに主人公のリーフと剣士バルダが毎度凝りずに罠にひっかかり、少女ジャスミンが苦労しているように見えていました。特に今回のリーフとバルダはマヌケの極みです。

 今回のあらすじは、攻撃力・防御力(絶大)と耐久力(スズメの涙以下)の差がとんでもなく極端だった初期エピソードの強敵、魔女テーガンが復活。
 テーガンの子供の怪物は合体して、少女フランソワーズに化けて、主人公たちを「母の家」と偽ってテーガンの館に誘い込む。

 この手の話に良くあるパターンとして、フランソワーズは何度もドジふんで正体がばれそうになるののがコメディタッチで描かれるのですが、ジャスミンが疑うだけで、リーフとバルダは怪しすぎるのに全く気がつきません。
 掲載画像のシーンでフランソワーズが化けなおすのに失敗したのを目撃しても、その直後には「幻草にさわったのかな」で納得してしまいました。
 それでも、この手の話は最後には正体が露見したり、想定外の展開になったりでオチがつくのですが、今回の話ではなんと、リーフたちはまんまとテーガンの館に誘い込まれてしまいました。魔法の宝石も警告を発しているのに「これはフランソワーズのお母さんに危険がせまっているんだ」と勘違いをしつづける始末。

 完全に、「志村、うしろ、うしろ」なドリフターズのコントにしか見えません。
 ファンタジー冒険物で、主人公チームがここまでマヌケな作品も、そうそうありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://owain.blog99.fc2.com/tb.php/41-5b248e8b


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。