FC2ブログ

プロフィール

owain

Author:owain
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 村を裏で掌握していた、真の元凶が物語の表面に出てきました。それと富竹殺しの真相。
 原作を読んでいて、羽入登場以上にガッカリ感を味わったところです。

 散々「通常では不可能」という謎かけをしておいて、その解答が「国家の一部がスポンサーで、プロの兵隊を多数動員している、凄い秘密組織の工作活動」とか「自殺を器用に誘発する、検出不能な薬物」では、安直すぎましたから。
 あと「鷹野が犯人」というのも、その理由が「死を偽装可能な凄い秘密組織のメンバーだから」だけ。それなら同じ組織のメンバーの富竹や入江が犯人でも、二人や三人の共謀でもいいわけです。というか普通に考えたら、所長で研究者の入江が犯人の第一候補になるのですが(*)。

 事件全体を引き起こす「環境」の謎こそが真の本題という創作意図はわかりますが、それでも、個別レベルの謎もある程度以上上手い答えを用意してもらないと。
 もっとも、こういう真相でないと説明をつけられないほど、風呂敷を広げてしまった、後の祭りなのですが。


 しかし原作では釈然としない気分にさせられた展開も、アニメでは比較的普通に見れました。
 これは、原作と比べて「謎解き」「推理」があまり強調されていなかったことによるのでしょう。

 原作だと本編の描写や、本編外の手がかり集、キャラ同士の座談会、売り出しのキャッチコピーなどで、散々「推理」「謎解き」が強調されていました。実際には、そういう言葉から連想される本格ミステリー的推理では無く、週刊少年マンガ誌の展開予想程度の物だったのですが。
 アニメだとそういう謎解き心理盛り上げる付加要素が希薄になり、本編ストーリーと映像だけで比較的迅速に進行するので、考えるよりも流れに任せて見る事が優先になります。
 「映像作品は小説のような謎解きミステリーには向いていない」というのが、今回の私の場合には、結果的にプラスに働いたのでしょう。


 それと、原作で思ったことを、今回の映像で見てあらためて思ったこと。
 「診療所に富竹と鷹野とその他多数が集まって、作戦準備や富竹の簀巻きをしている。やっぱり羽入が富竹と鷹野を尾行していたら、真相が一発でわかる状況。しかも何十回と人生ループをしてやり直せるので、”運悪く失敗した”という理由付けも出来ない」
 羽入と理香がなぜか、要注意人物を尾行するという第一に考えるべき発想をまったく持たないという問題は、原作ファンもよほど狂信的でないかぎり、プロットの穴と認めているようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://owain.blog99.fc2.com/tb.php/110-caaf8fae

-

管理人の承認後に表示されます

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。