プロフィール

owain

Author:owain
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む »

スポンサーサイト
 とりあえず流し見

・D.C.II ~ダ・カーポII~
・スケッチブック ~full color's~
・キューティーハニー THE LIVE
・灼眼のシャナⅡ
・ご愁傷さま二ノ宮くん
・BLUE DROP~天使達の戯曲~


 視聴継続する気はなし

・ナイトウィザード The ANIMATION
 見終わった後でスタッフをよく見ると、原作:きくちたけしに悪い意味で納得。「原作:あかほり」と同じ様な意味で。
 原作の注目度が上がった、ドーピングコンソメスープのエピソードからスタート。
 アニメ化の必要水準は確保していると思いますが、まだ演出がパワー不足。ネウロ役の子安氏の演技も、もっとはじけられるはず。
 今後の演出や演技のパワーアップに期待しておきます。
 企画自体が間違っているのですが、それを棚に上げてみても、駄目です。

 漫画のキャラクタをそのまま実写に持ってきたら違和感が大きいですし、演じているのもほとんどがアイドルの学芸会レベル。
 それでも、いっそ全体も作り物っぽく、ポップな画面にするとか、舞台劇風にするとかやりようはあると思うのですが。
 しかし何を勘違いしたのか、照明やカメラフィルターなどで、全編重厚な画面作りにして、違和感をさらに増大させています。
 案の定低予算なので、オリジナルのシャープなメカや基地がパノラマ的に展開する面白さというのはあきらめて、実景のCG加工で済むような閉鎖的で陰鬱な世界観になっています。
 世界観の雰囲気作りは良いでしょう。CG加工された市街や、宇宙人関係のニュースが流れ町で実際に暴れまわっても無関心な異常な一般市民の様子など。これながら、逃げ惑う群集のエキストラもいりませんし、怪獣が暴れまわっているのに都市が普通に機能しているという実景ベースの画面によくある矛盾も回避できます。

 ただ、人物描写やストーリー展開などは、あまりよくありません。

続きを読む »

 複数視点で展開する凝った構成にしながら、「モンスターと秘密組織の戦いに主人公が巻き込まれるありがちな話」という以上の印象がなく、かえってマイナスになっています。

続きを読む »

続きを読む »

 第一話としては、よく出来た内容です。
 今回のストーリーの作劇、演出上のテーマは、ソレスタルビーングとガンダムの、強力だが不可解で非常識な存在感を、視聴者と登場人物の両方に印象付ける事です。
 今回、登場人物が大量に出てきていますが、現段階でそれを把握する必要は無く、素直に印象だけを受け取っておけばよろしいでしょう。

続きを読む »

 ビデオを整理していたら録画していたのを見つけたので、見返してみました。

 ......率直に言って酷い物です。当時の苦しい製作状況がよくわかります。
 侵略宇宙人に立ち向かうのが漫画家だったり、ゴジラが完全にヒーローになっていたりしているのは、構いません。ガイガンのデザインや戦い方の悪役ぶりも格好よいです。

 しかし問題は、映像もBGMも過去作品からの流用、それもかなり無造作な使い方です。

続きを読む »

 雑誌の書評コーナーで、興味深い本に思えたので読んでみました。
 第一に期待される信長への過剰評価を冷ますという目的は、一応達しています。しかしそれ以上の事は、誉められたものではありません。

続きを読む »

・ぽてまよ
評価:6/10
 独特の雰囲気を見事に構築しての、まったりストーリー。

・もえたん
評価:4/10
 混沌としたパロディが主体でしょうが、その混沌に突き抜けたところがなく、ただ雑然とした羅列どまりの凡庸なもの。個人的にはエロ要素にも、作画はよかったですが、あまり興味はなし。
 ただ、ことさら悪いところも特になかったです。

・ながされて藍蘭島
評価:5/10
 特別なテーマ性とか独自性はないですけど、とにかくドタバタ物としてコンスタンスに楽しめる、演出、作画水準でした。

天元突破グレンラガン
評価:8/10
 (本文はまた後で)



#放送時間のずれが多かったり、録画を消化し切れなかったりして、鑑賞を投げてしまったが、暇があれば後からでも追いかけたいもの
・ロミオ×ジュリエット
・Darker than BLACK -黒の契約者-
・ヒロイック・エイジ
・精霊の守り人
・瀬戸の花嫁

#追いかけ中のもの
・人造昆虫カブトボーグ VxV

#序盤で鑑賞継続意欲を無くしたもの
・機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ
 主人公たちのしている事が、他国の試合の覗き見ばかり。

・桃華月憚
 『ハルヒ』の影響が無いとはいえない逆順放送でしたが、『ハルヒ』と違い、スタート時の明快なアピール点や変則的な順番を追う手がかりを提示できていなかった。

らき☆すた 総評

評価:7/10
 良くも悪くも『ハルヒ』ブームの影響下で作られた番組。

 原作は、掲載誌『コンプティーク』読者が感情移入しやすいような、こなたを筆頭とした女子高生キャラによる、のんびりした四コママンガ集。
 それを、原作にもあったオタジャンルの時事ネタ(特にハルヒ)や、ゲストキャラ出演、「らっきーちゃんねる」などを追加。『ハルヒ』のブームの要因になった、視聴者の関心度を高めるための、仕掛けや小ネタも大量動員。
 そのため、面白くはあるのですが、その面白さはリアルタイムで見る時事ネタ的な方向性ですし、原作由来の本来の部分を楽しむには大きな雑居物にもなっています。

 考えてみるとこの番組の構造や視聴者との関係というのは、バラエティ番組なのですね。それも、今のつまらないのではなく、『八時だよ全員集合』や『オレたちひょうきん族』など。それの、オタ向け版。京アニメの作画、演出力の発揮というのも、芸に真摯だった、いかりや長助を筆頭とした当時のドリフターズの姿勢のようです。
 こなたたち三年生はレギュラー出演者、一年生は追加レギュラー。本編は、主力の劇パート。「らっきーちゃんねる」はミニコーナー。アニメ店長などはゲスト芸能人。時事ネタの大量導入も同様。
 もっとも、後半の白石の扱いは、今の番組のつまらない芸人いじりのようでしたが。
評価:4/10

 まず、後半特に悪化した作画の悪さ。それも表面的な物でなく、根本的なキャラのデッサンやアクションの基本部分が問題でした。

 しかしそれ以上に問題だったのは、脚本の構成力。
 キャラクターやシーンを個別に見ると、それほどおかしな所はありません。しかしエピソード単位や、シリーズ全体でみると、あきらかにおかしいです。

続きを読む »


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。