プロフィール

owain

Author:owain
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む »

スポンサーサイト
 とりあえず流し見

・D.C.II ~ダ・カーポII~
・スケッチブック ~full color's~
・キューティーハニー THE LIVE
・灼眼のシャナⅡ
・ご愁傷さま二ノ宮くん
・BLUE DROP~天使達の戯曲~


 視聴継続する気はなし

・ナイトウィザード The ANIMATION
 見終わった後でスタッフをよく見ると、原作:きくちたけしに悪い意味で納得。「原作:あかほり」と同じ様な意味で。
 原作の注目度が上がった、ドーピングコンソメスープのエピソードからスタート。
 アニメ化の必要水準は確保していると思いますが、まだ演出がパワー不足。ネウロ役の子安氏の演技も、もっとはじけられるはず。
 今後の演出や演技のパワーアップに期待しておきます。
 企画自体が間違っているのですが、それを棚に上げてみても、駄目です。

 漫画のキャラクタをそのまま実写に持ってきたら違和感が大きいですし、演じているのもほとんどがアイドルの学芸会レベル。
 それでも、いっそ全体も作り物っぽく、ポップな画面にするとか、舞台劇風にするとかやりようはあると思うのですが。
 しかし何を勘違いしたのか、照明やカメラフィルターなどで、全編重厚な画面作りにして、違和感をさらに増大させています。
 案の定低予算なので、オリジナルのシャープなメカや基地がパノラマ的に展開する面白さというのはあきらめて、実景のCG加工で済むような閉鎖的で陰鬱な世界観になっています。
 世界観の雰囲気作りは良いでしょう。CG加工された市街や、宇宙人関係のニュースが流れ町で実際に暴れまわっても無関心な異常な一般市民の様子など。これながら、逃げ惑う群集のエキストラもいりませんし、怪獣が暴れまわっているのに都市が普通に機能しているという実景ベースの画面によくある矛盾も回避できます。

 ただ、人物描写やストーリー展開などは、あまりよくありません。

続きを読む »

 複数視点で展開する凝った構成にしながら、「モンスターと秘密組織の戦いに主人公が巻き込まれるありがちな話」という以上の印象がなく、かえってマイナスになっています。

続きを読む »

続きを読む »

 第一話としては、よく出来た内容です。
 今回のストーリーの作劇、演出上のテーマは、ソレスタルビーングとガンダムの、強力だが不可解で非常識な存在感を、視聴者と登場人物の両方に印象付ける事です。
 今回、登場人物が大量に出てきていますが、現段階でそれを把握する必要は無く、素直に印象だけを受け取っておけばよろしいでしょう。

続きを読む »

 ビデオを整理していたら録画していたのを見つけたので、見返してみました。

 ......率直に言って酷い物です。当時の苦しい製作状況がよくわかります。
 侵略宇宙人に立ち向かうのが漫画家だったり、ゴジラが完全にヒーローになっていたりしているのは、構いません。ガイガンのデザインや戦い方の悪役ぶりも格好よいです。

 しかし問題は、映像もBGMも過去作品からの流用、それもかなり無造作な使い方です。

続きを読む »

 雑誌の書評コーナーで、興味深い本に思えたので読んでみました。
 第一に期待される信長への過剰評価を冷ますという目的は、一応達しています。しかしそれ以上の事は、誉められたものではありません。

続きを読む »

・ぽてまよ
評価:6/10
 独特の雰囲気を見事に構築しての、まったりストーリー。

・もえたん
評価:4/10
 混沌としたパロディが主体でしょうが、その混沌に突き抜けたところがなく、ただ雑然とした羅列どまりの凡庸なもの。個人的にはエロ要素にも、作画はよかったですが、あまり興味はなし。
 ただ、ことさら悪いところも特になかったです。

・ながされて藍蘭島
評価:5/10
 特別なテーマ性とか独自性はないですけど、とにかくドタバタ物としてコンスタンスに楽しめる、演出、作画水準でした。

天元突破グレンラガン
評価:8/10
 (本文はまた後で)



#放送時間のずれが多かったり、録画を消化し切れなかったりして、鑑賞を投げてしまったが、暇があれば後からでも追いかけたいもの
・ロミオ×ジュリエット
・Darker than BLACK -黒の契約者-
・ヒロイック・エイジ
・精霊の守り人
・瀬戸の花嫁

#追いかけ中のもの
・人造昆虫カブトボーグ VxV

#序盤で鑑賞継続意欲を無くしたもの
・機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ
 主人公たちのしている事が、他国の試合の覗き見ばかり。

・桃華月憚
 『ハルヒ』の影響が無いとはいえない逆順放送でしたが、『ハルヒ』と違い、スタート時の明快なアピール点や変則的な順番を追う手がかりを提示できていなかった。

らき☆すた 総評

評価:7/10
 良くも悪くも『ハルヒ』ブームの影響下で作られた番組。

 原作は、掲載誌『コンプティーク』読者が感情移入しやすいような、こなたを筆頭とした女子高生キャラによる、のんびりした四コママンガ集。
 それを、原作にもあったオタジャンルの時事ネタ(特にハルヒ)や、ゲストキャラ出演、「らっきーちゃんねる」などを追加。『ハルヒ』のブームの要因になった、視聴者の関心度を高めるための、仕掛けや小ネタも大量動員。
 そのため、面白くはあるのですが、その面白さはリアルタイムで見る時事ネタ的な方向性ですし、原作由来の本来の部分を楽しむには大きな雑居物にもなっています。

 考えてみるとこの番組の構造や視聴者との関係というのは、バラエティ番組なのですね。それも、今のつまらないのではなく、『八時だよ全員集合』や『オレたちひょうきん族』など。それの、オタ向け版。京アニメの作画、演出力の発揮というのも、芸に真摯だった、いかりや長助を筆頭とした当時のドリフターズの姿勢のようです。
 こなたたち三年生はレギュラー出演者、一年生は追加レギュラー。本編は、主力の劇パート。「らっきーちゃんねる」はミニコーナー。アニメ店長などはゲスト芸能人。時事ネタの大量導入も同様。
 もっとも、後半の白石の扱いは、今の番組のつまらない芸人いじりのようでしたが。
評価:4/10

 まず、後半特に悪化した作画の悪さ。それも表面的な物でなく、根本的なキャラのデッサンやアクションの基本部分が問題でした。

 しかしそれ以上に問題だったのは、脚本の構成力。
 キャラクターやシーンを個別に見ると、それほどおかしな所はありません。しかしエピソード単位や、シリーズ全体でみると、あきらかにおかしいです。

続きを読む »

全話総評:8/10

 これまでの終盤数話の、グレンラガンが次々大きくなっていく展開で、「天体規模に巨大になるネタは、最初はともかく、二度目以は降繰り返しやられて飽きた」と思っていたのですが。
 しかし最終回では、まさかあそこまで凄まじい、巨大化に相応しいビジュアルイメージを奔流として提示するなんて。

続きを読む »

続きを読む »

銀魂 #75

 二期目折り返し。二期目開始時同様危ないネタの連続です。
 ひょっとして今回のサブタイトルはテレビアニメ史上最長ですか?

 銀さんは、「らきすた」の杉田店員の時のアムロの声帯模写に続き、今回はシャアと若本の模写。
 総集編がらみいろいろやり、ここまでやばい事をいうなら、いっそ「総集編編集の達人トミノ星人」とか出すぐらい暴走してもよかったかも。
 今まで可憐の話にしか出てこなかった兄は、さすがに「可憐の空想の産物だった」ということもなく、実在していました。
 おそらくは立場と心理による距離感を演出するための顔を出さない描写も、ミステリー作品なら叙述系トリックの可能性もありますが、さすがにそこまではやらないでしょう。

続きを読む »

 村を裏で掌握していた、真の元凶が物語の表面に出てきました。それと富竹殺しの真相。
 原作を読んでいて、羽入登場以上にガッカリ感を味わったところです。

続きを読む »

 1話、14話、そのほか若干見ました。

 ......狂ってる
 話には聞いてましたけど狂ってる

 さらに異常なのは、これが50話弱続いて、しかもほとんどの話がこの調子という事。

 演出力とか作画とかの総合でいえば、マイメロの狂いっぷりには及びませんが、脚本面ではカブトボーグの狂いっぷりは圧倒的。
 しかもツッコミ役が一切いないのが、異常さをさらに際立たせています。そのためか、常時どこかで、ネジが三本抜けているよな異常な違和感が漂いつづけています。
あらすじ

 レーク大尉率いる救出部隊は、カーディナル市へ突入した。
 ソルテック隊は敵側のCAと交戦。クリンも苦戦しながら勝利する。その間にレンジャー部隊が監禁場所に突入した。クリンも待ちきれずに、単身、レンジャー部隊の後を追う。
 一方、監禁されていた議員たちはクーデター軍の要求に付いて会議を続けていて、相当数がデロイア独立に賛成するが、ドナン議長は反対する。そして会議の内容をフォンシュタインに伝えに行った。

 監禁場所への突入に成功したレンジャー部隊とクリン。しかしそこでは、ドナンとフォンシュタインがともに、デロイア独立に賛成した議員を拘束しているという、全く予想外の事が起こっていた。
 フォンシュタインがいうには、自分は州昇格を求めていただけで独立は望んでいない。クーデターの真の首謀者は、利権目当てのこの議員たちだという。しかし議員たちはでっちあげだと反論し、ドナンとフォンシュタインを非難する。しかし議員たちは反逆者として連行され、ドナン議長はデロイアの州昇格への支持を表明した。
 あまりにも意外な事態に救出部隊は、ラコックを除いて、呆気にとられるしかなかった。

続きを読む »

 原題「I, Mudd」
 再放送で鑑賞

続きを読む »

 ゴットゥーザ様(後藤邑子)は、本人もああいう感じだそうです。
http://yaplog.jp/tubuyaki3/archive/73

もえたん #10

 ダンディ(中田譲治)の正体は、実は魔法王国の国王だったサー・カウラー(中田譲治)ということでいいのですか?


 しかし国王がサー・カウラーで、住人はロリコンばかりって、酷い魔法王国です。

続きを読む »

TOS070909.jpg

 ようやくBSの録画環境が復活したので、BSの宇宙大作戦を見れました。
 今回は、DS9のシスコ司令も、TOS時代にタイムトラベルしたときカーク船長から武勇伝を聞きたがっていた、ゴーンとの対決です。

 しかしスタートレックシリーズの、各話タイトルの翻訳センスの悪さは昔からのようです。
 原題は内容をシンプルかつ的確にあらわした「ARENA」
 旧版も以前見ています。

 内容は、互いの行き違いから起こる戦争と憎悪の応酬。最後にカークが己の憎悪と敵の立場を省みて止めるという、スタートレックにしばしば見られるストーリーの元祖です。
 こういう話を初期から普通にやれるスタートレックを見ていると、怪獣との決闘というフォーマットに制約されているウルトラシリーズ(初代やセブンも含めて)が昔から歯がゆく見てています。

 ゴーンの造形は......1966年のTV作品ですから、大目に見てください。同年の「ウルトラマン(初代)」の怪獣造形のよさが異常なんですから。
 あと、今回カークとゴーンを決闘させる高度文明人の名が「メトロン」。しかし普通のギリシャ神話神風のヒューマノイドで、タバコは売らないし、ちゃぶ台も使いません。
keroro1.jpg

keroro2.jpg

keroro3.jpg


前半のガス人間パロの、元ネタとの比較画像
後半の植木等パロは、DVDを入手次第やります

#画像一枚目
 タイトルが、元ネタの忠実なパロ

#画像二枚目
 クライマックスの劇場の再現
 演目が「八千草」なのはヒロイン藤千代役の八千草薫にちなんで
 ドククを幽霊と間違えてあの世に連れて行こうとするのも、おそらくは、ラストで藤千代がガス人間水野と心中するのにちなんででしょう。

#画像三枚目
 ガス人間改造シーンも元ネタに忠実
 ガス人間お攻撃方法が窒息というのも元ネタと同じ
 ケロロ側の対抗手段がタママの屁のガスというのもおそらくは、元ネタで、ガス人間を殺すのに劇場内に充満させたガスを一度に爆発させる方法だったのにちなんで。
 ドククの目標が金庫なのも、元ネタの水野の犯罪が銀行の金庫破りなのにちなんででしょう。
 初代ゴジラの1954年から60年代にかけての、黄金期東宝特撮映画のファンは絶対読むべき本。
 それ以外にも、強くお奨めできます。

 表題だけだと観念論偏重に誤解しそうですが、実際には、映画の製作過程とそれに関わった各スタッフそれぞれの表現意図、源流となった現実要素やフィクション作品、実際に製作する上での様々な都合などを丹念に拾い上げ分析。
 そうした流れを経て、最初の原作『発光妖精とモスラ』から、実際に完成した映画にいたるまで、どのように変遷して完成に到ったかを、十二分な実証を伴って論じています。

続きを読む »

 フィクションの世界に対してよく「あんなに可愛い娘たちばかりなのに、どうして男の子にほとんど言い寄られないんだ?」と言われます。最近だと『らきすた』で、こなたとかがみがこのパターンについて話していて、視聴者から「それは君らのことだ」と言われていた件。
 しかしマイメロは三年も続いていて、クラス内だけでも相思相愛のカップルが多数成立。心傷を広げようと聞いてまわったクロミとバクが、かえって負け犬気分を味わう結果に。

 本筋自体は、冒頭からいきなり黒音符が教室にいたり、その状況をみんながわりと普通に理解したり、取り付く相手を定めさせようと、クロミとバクが夏休みの事について妙に呑気にクラスのみんなに聞いてまわるところなど、シュールで面白いです。
 むしろ、黒音符が先生にとりついてから、失速してます。いっそ黒音符の入った水晶球自体が、取り付く相手が決まらずに怒ってプンプン化したほうが面白かったでしょう。


 来週はピンク色の地獄が展開される?
mymelo.jpg

 ヒツジ村は、黒くて巨大なモコモコ、ヒジツばかり、喋る言葉はめぇめぇばかり。
 マリーランド一番のメルヘンスポットを通り越して、LSDで見るピンクの象の幻覚みたいな世界です。

 ......マイメロではよくある事ですが。
 今回の後半。
 自分に馴染みのあるところや、日常的に歩いたり出入りしていたりしている所が扱われると、「らきすた」のロケ地再現の異常な精緻さが、あらためてわかりました。
 しかし観光地も多く出てましたが、寺社にロケ地巡礼するらきすたファンが、埼玉各所と同様に急増?

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。